読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢に気分を左右されるのはもうやめたい

母が死んだ夢を見た。

目の前で忍者に殺された。

どうしてこうリアリティがないのに、夢だと気づかなかったんだろう。

忍者も、母を殺したなら、私も殺しておいたほうが良かったと思う。

夢と気づけば大丈夫だったのかな。

それでも、悲しみに打ちひしがれていた気がする。

 

母が殺され、首まで持っていかれ(完全に大河の影響)、泣きわめいていたら、母が幽霊として戻ってきて、更にまた泣いた。

「どうする母さんの中に入る?」って聞かれて、「入れるの?」って聞いたら、

「お医者さんに頼まないと出られなくなっちゃったんだけどね」と言われた。

なんじゃそれ、入るときはそのまま入れるのに、出るには手術がいるの??って混乱。

ここで、夢だと気づいたけど、ビービー泣いていた。

そうしたら、自分の声で起きた。

 

二度寝したら、また違う夢を見て落ち着いた。ただの夢だって思えた。

昔、父が死んだ夢を見たときを思い出した。

そのときも泣いて起きて、父の部屋に行って、泣いた。

「ただの夢だから」って言われても、いやいや現実でもいつ死ぬかわからないんだよって思った。

せめてタバコをやめてくれ、と。

それから数年後、父はタバコをやめた。

私の思いが伝わったわけではなく、それとはまったく関係のないところで、彼の決断は為されたんだと思う。

 

両親はいつか死ぬ。

ほかの人たちと同じように。

親しいひとたちも、いつか死ぬ。

そういう当たり前なことを思い出した夢だった。

もう怖くない。